高性能インプラント治療・技術を推進する「光機能化インプラントグローバルネット」

インプラント

治療って何?

チタンの性能は低下する?

インプラント性能を

最適な状態にする

光機能化技術


より安心・安全なインプラント治療をお探しの方へ

 インプラント治療の成功のためには、インプラントと植えられた骨とが強固に接着することが必要です。

 しかし、インプラントが製造されてから時間とともにインプラントの性能が低下することが米国UCLA小川隆広教授らのグループによって明らかにされました。

 この現象 を“チタンエイジング(老化)現象”と言います。現在のインプラントは本来の持っている能力が最高の状態ではないことがわかりました。故に、患者さん毎によって同じ種類のインプラントであったとしても性能の異なった状態で使われているのです。

あなたのインプラントは最高の性能で使われていますか?

 骨と結合する能力が低下している(エイジングしている)インプラントを回復させる方法として米国UCLA小川教授らのグループより開発されたものが光機能化技術です。

 本来持っているインプラントの能力を最高の状態に引き上げることが出来ます。

 この技術により、患者さん間での性能の格差は無くなり、常に最高の状態でインプラント治療を受けることが出来ます。

当研究会で検証し、この光機能化の条件を満たすことを確認している機器はセラビーム®アフィニー(ウシオ電機社製)となります。この機器は当研究会の推奨機器となっています。  

⇒ 光機能化インプラントが受けられる歯科医院はこちら

患者様ならびにドクターの皆様へご注意

 本研究会では、光処理によりインプラントの能力を高める方法の発信とその技術の普及活動を行っていますが、類似の方法や類似品にどうぞご注意ください

 適正化されていない種類の光を用いても、当研究会が発信しているような効果が達成されているかどうかわかりません

 不適切な方法により被害を受けるのは患者様です。光機能化の正しい理解と正しい技術の普及を切に望みます。光機能化インプラント治療を受けられる場合は、当研究会の導入医院名簿からご確認ください。

日本人初!米国3学会で最高研究賞を受賞(小川隆広教授)

2010年 米国および国際歯科研究学会(AADR/IADR): William J. Gies Award 最高科学論文賞2011年 米国補綴学会(ACP):Clinician/Researcher Award of Distinction 最高学術賞

2012年 米国・国際インプラント学会(Academy of Osseointegration):William R. Laney Award 最高科学論文賞

これらの受賞は日本歯科新聞でも掲載されました。

クリックすると拡大します
クリックすると拡大します

ハイレベルな基礎研究に裏付けされた光機能化の臨床応用は、世界のインプラント治療の標準化に向けて加速しています。

光機能化グローバルネットは、光機能化バイオマテリアル研究会が運営しています。