高性能インプラント治療・技術を推進する「光機能化インプラントグローバルネット」

インプラントを最適な状態にする光機能化技術

光機能化技術とは、特定波長を持つ光を組み合わせ、インプラントに当てることで、作った直後の新鮮な状態にすることが出来る技術です。

 

 

 

 

インプラントを使用する前に、特殊な光を当てることによってインプラント表面を最適な状態にします。

光機能化技術による効果

光機能化によって、インプラントと血液のなじみが良くなり、骨を作る細胞が早く、多く付きます。結果として骨が早く、多くインプラントの周りに出来上がり、インプラントを安定させます。

光機能化技術を発見した生みの親

 

 

光機能化技術は、米国 UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)小川隆広 教授によって発見され、発表されました。

光機能化技術の信頼性

 

 

光機能化技術に関する研究論文は、数多く発表されており、多くの学会学術賞などを受賞しています。

 

 

国内では新聞報道などにも取り上げられています。

→→〈その他の掲載記事はこちらから〉

光機能化技術で、より安心・安全なインプラント治療を手に入れましょう